豆乳を活用して減らす

豆乳で中性脂肪を減らす

豆乳鍋

何を飲むと中性脂肪を減らすことにつながるのか悩みます。

 

暑い夏は冷たい飲み物、寒い冬になったら体を温めてくれる温かい飲み物が中性脂肪対策にもお勧めのものです。

 

その一番のおすすめは「豆乳」です。
豆乳には中性脂肪を減らす効果や動脈硬化予防、コレステロール予防にも効果があるとされています。

豆乳を上手に使う

豆乳は牛乳とは違って植物性のものなので、脂質が少ないです。
牛乳にはコレステロールが入っていますが豆乳には入っていません。
リノール酸やリノレイン酸などコレステロールを減らす成分が入っています。
豆乳は鉄分が豊富なのも特徴です。
さらに冬などには生姜をいれると体を温めてくれるので効果がアップするそうです。

 

例えばコップにウーロン茶のティーバックを入れてそこに熱湯を入れます。
1分ほど時間をおいて濃いウーロン茶を作ります。
次に豆乳を100cc入れてレンジで温めます。
最後に砂糖と生姜を加えて出来上がりです。
甘めが好きな人は砂糖を多めにいれてください。
これは「烏龍ソイ」です。
ウーロン茶は体にいいものですし、豆乳との相性もいいのでとても飲みやすいです。

 

ウーロン茶ではなく、紅茶やコーヒーなどを使ってもいいと思います。
豆乳を使っているので栄養もあって中性脂肪を減らす効果も期待できるので、中性脂肪が気になる人やダイエットをしたい人におすすめの飲み物です。
豆乳を使っていろんなアレンジをしたドリンクを作ることができます。
豆乳は中性脂肪に効果を得ることができるため積極的に飲んでみてください。