中性脂肪を減らす食事療法とメニューの考え方

食事メニューの考え方

食事療法が、中性脂肪を減らすために重要であることは、よく理解頂いているでしょうか。
中性脂肪を出来る限り早く減らすためには、食事療法と共に運動を取り入れることが非常に重要です。

 

それでは実際に中性脂肪を減らすことができる、効果的な毎日の食事メニューはどのように考えていけばいいのか見ていきましょう。
適正摂取カロリー内の1日の献立例を知っておくことでおおよその参考となるはずです。

1日の食事メニュー

1日の適正な摂取カロリーを1800kcalから1900kcalとした場合。

朝食メニュー

朝食は約500kcalにします。
主食はトースト1枚あるいはご飯ならばお茶碗に軽く1杯にします。
野菜は2口を4種類、たんぱく質摂取のためたまご1個を使って卵料理を1品。
飲み物は牛乳1杯です。
パンにぬるマーガリンやサラダのドレッシングなどは量を控えめにします。

昼食メニュー

昼食は仕事の関係で外食の人も多いと思います。
目安は800kcalにします。
和風定食などにすると、カロリーが低めなのでいいと思います。
洋食を食べる人は、一緒にサラダなどの野菜を食べるように意識してメニューを選びましょう。

夕食メニュー

夕食は500kcalから600kcal程度で低めにします。
基本は一汁三菜です。
動物性たんぱく質のものを50g程度、野菜はもちろん摂取してごぼうや大根などの根菜類を特に意識して食べてください。
目安量は120gから150gです。
調理する際に使う油はもちろんドレッシングなども控えめにしてください。
メニューに豆類やイモ類があるとさらにいいです。

 

1日にたんぱく質、炭水化物、脂質などがどれくらい必要なのかこれを参考にしてメニューを考えるようにしてください。
最初は大変ですが習慣にすることで健康な体に近づくことができます。