肉料理の調理ポイント

肉料理のポイント

肉料理の工夫

肉料理を極力減らして、1週間の食事うち3日から4日は、中性脂肪を減らすのに効果的な魚料理を食べることが望ましいといえます。

 

それでも、肉料理を食べたいというのであれば、1週間の内2回までなら食べることも許されるでしょう。

 

肉には良質なたんぱく質がたくさん入っているので、効果的な摂取をすることにより、中性脂肪を減らすことができるのです。

食材としての肉の選び方と調理方法

食事に肉を取り入れる時は、脂肪分が少ないヒレ肉、モモ肉などの赤味を選ぶようにすることが大切です。中には肉に脂肪分がたくさんついている場合もありますが、そうしたものは調理の前になるべく切り落として、それから調理するようにしましょう。

肉を蒸す

理想的な調理方法は、余分な脂を落とすことができる「蒸す」方法です。

網で焼く

網で焼くのも効果的です。フライパンなどで焼くと肉から出た脂も吸収してしまいますが、網で焼けば余分な脂分は網の下に落ちるからです。

肉を茹でる

「茹でる」という調理法も効果的ですが、茹でている際の注意点として、水面に浮いた脂肪をきちんと取り除くようにしましょう。

肉を炒める

炒め料理をする場合には、できる限り油を使わない事です。例え使ったとしても、少量でさっと炒めるように心掛けましょう。また、肉を調理する時に軽く事前に湯通ししてから、炒めるなどして調理をすると、余分な脂が落ちています。

肉を揚げる

肉を揚げた物は、油をたくさん吸った状態になっています。
こうした調理法は最も控えるべき、好ましからざる調理法ですなので、揚げ物は避けましょう

 

ところで、野菜を摂取することは、中性脂肪を減らす為にとても大切ですが、野菜だけで食べるというのは、調理方法にも少々限界があります。そこで、肉と上手に組み合わせることで、肉も野菜も両方摂取できるように考え、さらに野菜はたくさん摂取できるように工夫する必要があります。

 

肉料理で、野菜を積極的に使い、肉と一緒に多くの野菜を食べることができるような料理にすことを心がけましょう。また、ベーコンソーセージ焼いたハムは、塩分がかなり多いので控えることをお勧めします。