食生活と食事療法

中性脂肪を減らす食生活と食事療法

では実際に中性脂肪を減らすには、どのように食生活に気をつけたらいいののでしょうか。

 

まず、気をつけなければならないのは、油っこいものを食べる時です。
油っこい食品や食事は、それだけ油があるということを示すもので、当然、中性脂肪摂取に影響を与えます。

 

ですから少しでも食材に気を使い、中性脂肪を減らすことができる食事をすることが大切です。

 

食材は組み合わせを上手に考えることで、バランスのいい食事をすることができます。
ほんの少しの工夫で中性脂肪を減らすことができます。

中性脂肪を減らす食材と食事

中性脂肪を減らすには、最適なの栄養素として食物繊維を含んだ食材と摂り入れるようにすることです。

 

この食物繊維が体内にある中性脂肪を吸収して、便と一緒に体外へ排出してくれます。
コレステロールや糖質なども食物繊維が吸収してくれます。

食物繊維を1日に20mgから25mgくらい摂取することが理想的です。

それぞれの量を見て見ましょう。

野菜ならば300g ・ イモ類なら100g ・ 果物ならば200g

と、少し多めの量となります。
少し嵩を減らすなどできるように、炒めたり、煮たりするなど、調理方法に工夫する必要があります。

 

また、食事だけで上記のような必要量の摂取が難しければ、1日に必要な食物繊維を簡単に摂取できるサプリメントや健康食品などを上手に利用するのもいいでしょう。

 

他にも、血液をサラサラにする成分があるさんまやさばなどの青魚にも中性脂肪を減らす働きがあります。
青魚にはオメガ3不飽和脂肪酸といって、中性脂肪自体を作らせないように抑制する働きがあります。
魚の脂肪を落とさないようにそのまま調理して食べて下さい。

中性脂肪を減らす食事療法

中性脂肪を減らす為には、具体的にどのような食事療法をしたらいいのでしょうか。

 

むやみに、ただ肉や卵、油分の摂取を減らせばいい、中性脂肪になるものを摂取しないようにすればいいというわけではありません。
中性脂肪からエネルギーが作られている為、あまりに気にし炭水化物や肉の摂取を控え過ぎると、必要なエネルギーまで作られなくなり体に良くありません。

 

大切なことは、栄養バランスが偏らないように配慮することです。

 

中性脂肪を減らす料理レシピを考える時にも、バランスの良いレシピを考えていきましょう。

  • 食事以外にもアルコールを飲む
  • 砂糖が入っているお菓子を食べる

などしても、多過ぎれば中性脂肪の値は高くなってしまいます。

 

毎日のように、アルコールを浴びるように飲んだり、お菓子を食べることは直ぐにでもや止めて、せいぜい時々口にする程度にしておきましょう。

中性脂肪を減らすために積極的に摂取したい食材

緑黄色野菜

食事療法を行う際に、積極的に摂取したいおすすめ食材は、

緑黄色野菜

大豆

キノコ類

海藻類

こんにゃく

などで、いずれも中性脂肪の予防に役に立つ食物繊維やビタミンを豊富に含んでいますので、積極的にあなたのレシピに加えて下さい。

 

また、肉を使う場合には、脂身を除去してから調理するようにして下さい。
動物性の脂肪は中性脂肪を増やしてしまいます。
肉自体は食べても大丈夫ですが、それに付随する脂身は食べないように注意しましょう。
⇒ 肉料理の調理ポイント 参照

 

また、食事の際は常に「腹八分目」が鉄則です。
今どきは、「腹6分」でちょうどいいとさえいわれています。
日本で最高齢だった方も、長生きの秘訣を問われて「腹は5分か、6分がいい」とおっしゃったといいます。

 

もちろん、腹いっぱいに食事を摂ってしまうと、私たちの必要な適正エネルギーを超えて、過剰にエネルギーを摂取してしまう為に中性脂肪がたくさん貯まってしまいます。腹八分目にすることで、中性脂肪になるのを予防することができます。

 

ただ食べる量を減らすのではなく、バランスのとれた食事を腹八分目程度食べるという意味です。

中性脂肪はリンゴで減った

日本におけるある実験データがあります。

リンゴを3週間毎日1.5〜2個食べたら、
中性脂肪が21%程度減らすことが出来た、というものです。

いかがですか?挑戦してみては。。。