中性脂肪も減少は、ダイエットでも可能

ダイエットで中性脂肪を減らす

運動して脂肪を燃焼することでダイエットできるといいますが、実際には筋肉が中性脂肪を燃やすということではありません。筋肉が蓄えられている中性脂肪を減らすのではなく、筋肉が脂肪酸を燃焼させることでダイエットすることができるわけです。

中性脂肪が高い人こそ、ダイエットも成功

いまあなたがメタボリックシンドロームだ、肥満だと言って中性脂肪を落とすことが無理だというわけではけしてありません。

 

むしろ、中性脂肪が高い人の方は、比較するとダイエットの成功率が高くなっています。
中性脂肪を燃やして減らすことはできませんが、ダイエットが楽にできるか成功するかどうかの指標にはなります。健康診断などで定期的に血液検査をして中性脂肪を測定するのがおすすめです。

 

具体的には、

中性脂肪が50mg/dl以下の人はダイエットできないと思います。

50〜100mg/dlの人もダイエットは難しいです。

100mg〜150mg/dlの人はダイエットできる可能性があります。

150mg/dl以上の人はダイエット成功率が高いです。

中性脂肪が高いということは、肝臓がたくさん中性脂肪を作ってしまっている状況にあります。
肝臓がつくった中性脂肪は、脂肪細胞として貯まっていき体脂肪を増やすことになります。
一番問題なのは脂肪細胞ではなく、肝臓であるということです。

 

しかし、本当の真犯人は、あなたの食事自体にあるのではないでしょうか?

 

管理人は、ついつい甘いものが好きで、食べ放題。
夜も、外食こそ減りましたが、就寝前にビールなどのアルコールを1本。
運動らしいことも、高校卒業と共に何十年と全くしていませんでした。
これで、結局、中性脂肪値が500ml/dlを越えてしましました。

 

ただ、アルコールを飲むと太ってしまうのでダイエットには良くないと聞きますが、これは違います。
アルコールは体内で分解されるので、直接の肥満原因にはなりません。

 

但し、アルコールが肝臓で分解されるとき、中性脂肪の合成を促進する働きがある為によくありません。

ダイエットの手順

ダイエットによって中性脂肪を減らすことを考えるならば、以下の点を気をつけましょう。

アルコールを飲む人は、まずは節酒ですね。

アルコール好きの人には、断酒しろといってもなかなか聞き入れられないものです。
しかし、節酒というのなら、いままでのペースをグッと落とすということですから、少しは実現可能ではないでしょうか。出来れば、休肝日をちゃんと増やすことが大切です。
たまには、疲れ切った肝臓を休ませてあげてください。

そして、朝晩、通勤時などに歩くように心がけましょう。

1駅分歩く事を心がければ、きっとそれなりの効果が早く現れます。
運動という大げさなものではなくても、ちゃんと効果が出てきます。
効果が出てくると、人間は誰しも”励み”になってくるものです。
そこで、更に歩く機会を増やしてみよう、と考えることができれば結果は常に早く現れます。

次に、食事の改善です。

これは、なかなか難しいですよね。
一気に食事制限だけをかけても、リンバウンドしてしまったなどという方も多いのが現実です。
大丈夫だという方は、そのままのペースでいいと思います。
そんな時には、サプリメントなどを上手に使いましょう。
出来ればごはんは、茶碗1杯よりも少なめを心がけましょう。

もうひとつは、ちゃんとストレッチなどの運動も取り入れるといいでしょう。

ここでいうストレッチは、スポーツとしてちゃんと行うようなものである必要はありません。
ただ、ストレッチをちゃんとやっていると、直に汗ばんでくると思います。
汗ばむということは、体の新陳代謝が良くなっている証拠です。
代謝がちゃんと行われていない時には、あまり汗もかきませんし、汗をかいても汗の質が悪いものです。
日頃から、いくつかのストレッチを覚えて、20〜50分を目安に行いましょう。

毎日体重計に載ろう

あなたは自分の体重や、体脂肪、BMIなどをご存知でしょうか?
なかなか体重計はあっても、載ったことがない、などという方は多いのでは。
むしろ、体重計に載るのが怖いという方ものあるでしょう。
しかし、ちゃんと定時に量るようにしましょう。
ダイエットの期間中には、必ず体重面では停滞期がきます。
停滞期が長いと、だんだんと嫌気がさしてきてしまいますが、そんな人は体脂肪なども併せて見ていきましょう。停滞期は、体重減ではなく、脂肪が減っている事が多いと思われます。その脂肪量に変化があると、明日も歩くことを続けよう、ストレッチもやってみようと前向きな気持ちが湧いてきます。
モチベーションをうまく保つためにも、必ず体重計と体脂肪計などがついた体重測定器を手元に置きたいものです。