中性脂肪を減らすDHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA(ドコサヘキサエン酸)には、中性脂肪を減らすことができる効果があります。
DHAは、他にも

  • HDLコレステロールの値は下げずにLDLコレステロールの値のみを減らす
  • 血栓ができないようにする

などの効果があるそうです。

 

その為、最近の研究から

  • 認知症の予防
  • 脳力アップ
  • 胎児の脳細胞形成

などにまでDHAが関係していると考えられています。

必須脂肪酸を毎日摂取

DHAは私たちの体に大切な不飽和脂肪酸の一種で、主に魚に含まれている必須脂肪酸で、体内で合成することができないものなのです。

厚生労働省は、DHAの効果として冠状動脈疾患への有効性も認めています。

中性脂肪を減らす効果がある成分としてEPAやDHAが知られています。
中性脂肪が気になる人のために作られているサプリメントにはこれらの成分が含まれています。
これらのサプリメントを毎日継続して飲み続けることで中性脂肪を減らすことに成功し、コレステロール値を下げることができ、悪玉コレステロールを減らすことができたそうです。
食品の中にDHAやEPAをたくさん含んでいるものは、本まぐろ、さば、はまち、真鯛、ぶり、さんま、いわしなどがあります。

 

またDHAは脳にもいい影響を与えます。
たくさん摂取することで、脳に情報伝達する機能を良好にして、スムーズに情報伝達が行われて処理能力が高くなるそうです。
昔の人が「魚を食べると頭が良くなる。」と子供に話していたのはこういうことがあるのかもしれません。
DHAは脳の神経細胞の中などにあるのですが、神経細胞は増えることはなくて年齢と共に減る一方です。
そのため外部からDHAを摂取することで脳に刺激を与えて活性化させることができるために、認知症予防にもなるのです。