高脂血症〜中性脂肪を減らす治療薬

中性脂肪を減らす治療薬の使い方

中性脂肪に効く薬

中性脂肪の値が高くて減らす必要があると診断された人は、何らかの治療を始めなければなりませんね。

 

中性脂肪を減らすための治療は、主に2つです。今すぐにでも、食事療法と運動療法の出来る方からはじめましょう。

 

そして、食事療法や運動療法を行っても、なかなか中性脂肪を減らすことができない場合や高脂血症が進行してしまっている場合は、薬の力を借りて治療します。

中性脂肪を減らす為の治療薬

中性脂肪を減らすための薬の場合、数値的な効果は直ぐに現れますが、体の地質を変えるには一定期間だけ飲んで効果が発揮されるわけではありません。

中性脂肪について説明する医師


これは長期間飲み続けなければならない薬です。

 

管理人も、この種の薬を一時期勧められて服用しましたが、さすがにいつまでも飲むのは抵抗があって途中でやめました。やめると元の数値に戻るような薬では何のために服用するのか疑問に思ったからです。

 

その為、できれば薬の力を借りることなく、食事療法や運動療法で中性脂肪を減らすことが望ましいのです。結局、私はこの方法で大きく改善したわけですが、何といっても体重が減ると全ての問題があった血液の数値が全て改善していくものです。

 

では、薬はどうすればいいのでしょか?

中性脂肪の治療薬

中性脂肪を減らすための薬に薬を服用する目的は、動脈硬化を防ぐためです。

 

これは、動脈硬化になると致命的な病気になる危険性が高くなるからです。

  • 心筋梗塞
  • 脳出血
  • 脳梗塞

などを懸念しているからですが、担当医師から中性脂肪を減らすために治療薬を飲むように言われたら、自分の状態を正しく把握して、用法と用量をきちんと守って飲むようにして下さい。

中性脂肪治療薬の種類

中性脂肪が高い場合の治療薬は、フィブラート系とニコチン酸とEPAとに分けることができます。

フィブラート系の内服薬

フィブラート系の薬は、肝臓で作られている中性脂肪を抑制する作用があります。

ニコチン酸の内服薬

ニコチン酸の薬は代謝を促進することで中性脂肪をエネルギーにして体内に蓄積するのを防ぎます。

EPAの内服薬

EPAの薬は中性脂肪を作らないように抑制する作用があります。

 

これらの薬は中性脂肪と一緒にコレステロールも下げる働きがあります。

治療薬を服用している間も、食事療法と運動療法は続けて下さい。

私は当時、全く料理をしたこともありませんでしたから、今思うと上手く活かす手立てがなかったということです。薬を飲んでいるから大丈夫なのではなく、治療薬はあくまでも補助的に使うもので、メインは食事療法運動療法という位置づけをしておくことが大切です。

 

ちなみに当時、医師からのそうした指示は全くありませんでした。