中性脂肪を減らすバランスの良い食事

バランスのいい食事

食事をするうえで、大事なことはバランスの良い食事をとることで、高カロリーの食事は控えなければいけません。食事によって摂取するエネルギーを減らすことで、中性脂肪を減らすことができます。

カロリーが高い食事は控える

特に、エネルギー量の大きいものが、肉類、糖類です。
栄養学の中には、基本的に肉を摂取することはいいとする物もありますが、もし摂るとすれば赤みをメインに食べるように心がけて下さい。使う食材の部位にも工夫を凝らして、食事の質を改善してバランスのいいものを食べるようにしましょう。

 

また、ついつい手が出てしまうのが間食です。そして、ジュースです。
いずれも摂らないように注意することが賢明だといえます。

食事に気をつける

炒め物、揚げ物を作るときには、使う油に気をつけなければいけません。
「中性脂肪がつきにくい」という油も販売されています。
調理するときには、こういったものを活用するといいでしょう。
マーガリン、バター、マヨネーズ、ドレッシングは控えるようにしてください。

オリーブオイルに入っているオレイン酸には、

コレステロールの悪玉を減らすことができて、善玉を増やすことができます。

野菜をたくさん摂取することで、ビタミン、ミネラル分を摂ることができます。
これらの栄養分を摂ることで、体の代謝を促進して、血管の老化を防ぎ、動脈硬化を防ぐことができます。
また、野菜やきのこ類や海藻類から摂ることができる食物繊維によって、腸内環境を整え、生活習慣病を予防することができます。1日に300g野菜を摂ることを目安として、バランスよく野菜を摂取して行きましょう。

 

また、魚には、善玉コレステロールが豊富に入っています。
出来れば、1週間に3回から4回を目安に、魚料理を食べるといいでしょう。